デリケートゾーンの黒ずみにハイドロキノンは怖くない

1

ハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみにとにかく効く

美白成分のひとつ、ハイドロキノン。シミの漂白剤という異名を持つほどの美白成分で、デリケートゾーンの黒ずみの正体がメラニン色素であるケースにおいては、ハイドロキノンはとにかく効きます。
なぜハイドロキノンはデリケートゾーンの黒ずみに効くのか。それはひとえにハイドロキノンにはメラニン色素の還元作用があるからです。
還元作用とは、一言で言うと、シミを薄くする作用です。
美白化粧品であればなんでも還元作用を持っているのかというと実は違います。
美白成分にも色々あり、メラニン色素を作れという指令がメラノサイト(メラニン色素を作る細胞)に届く前にブロックして指令をなかったことにする美白成分や、すでに作られてしまっているメラニン色素の排出をうながす美白成分など。メラニン色素が排出されればシミは薄くなるのですがそれは還元作用とは別物であって、還元作用がなくてもわかりやすくするためにシミを薄くすると表現しているだけなのです。
メラニン色素を排出させずとも色を薄くしてしまう、これが還元作用であり、還元作用のすごさです。何しろ、還元作用を持っている美白成分はハイドロキノン以外にはもうひとつしかありません。しかも、もうひとつことビタミンC誘導体にはハイドロキノンほど強力な還元作用はありません。

デリケートゾーンに使って起こるかもしれない副作用

ハイドロキノンであればデリケートゾーンの黒ずみがどんなに濃くても太刀打ちできます。
その一方で、ハイドロキノンには副作用というデメリットがあります。
美白には肌を白くするイメージがつきまといがちですが、美白において白くするというのはブライトであってブリーチではありません。もとの白さに戻すブライトであって、肌の色素を抜くブリーチではないということです。
ところが、ハイドロキノンは強力な還元作用を持つゆえにブライトを通り越してブリーチになってしまうことがあります。これが第一の副作用です。
全体的に均一に白くなるならともかく、まだらに白くなってしまうので、見目が良いとは言えません。もしもデリケートゾーンが白まだらになってしまったら。黒ずんでいるほうがまだ見目が良いかもしれないのです。
第二の副作用は、還元作用は置いておいても強い成分であるために使用すると皮膚に影響が出やすいというもの。
具体的に言うと、ハイドロキノン配合のアイテムを使うと肌がピリピリする、ピリピリどころか痛い、赤くなってしまうなどです。
もっとも、ハイドロキノンは使える濃度が決まっています。
高濃度のハイドロキノンをいきなり多量に塗る、あるいは、薄くでも長期間塗り続けるというようなことをしない限りは、副作用は出にくいです。

ハイドロキノン誘導体とハイドロキノンとの違い

アルブチンという美白成分があります。
アルブチンはもともとはコケモモから発見された美白成分でした。
現在では、アルファアルブチンとベータアルブチンとに分類され、共に美白成分として使われています。
が、前者と後者では美白の効果、否、美白レベルが異なり、強いのは前者のアルファアルブチンのほうです。
このアルファアルブチンの別名をハイドロキノン誘導体と言います。
アルファアルブチンを分解すると、

アルファアルブチン=ハイドロキノン+グルコース

上記のようにハイドロキノンと糖の一種・グルコースとに分かれます。
つまり、アルファアルブチンはハイドロキノンの親戚のような存在なのです。
が。アルファアルブチンを体内に取り入れてもハイドロキノンとグルコースに分かれることはなく、ハイドロキノンと同じ効果を得られるわけでもありません。
というか、アルファアルブチンに還元作用はないのです。
還元作用はないものの、そのぶん安全な美白成分ですし、ハイドロキノン誘導体というだけあって、優れた美白成分として利用されています。